7~8時間待ちのレストラン

「静岡県内限定」をうたうレストランが、圧倒的な県民の支持を得て、コロナ禍をものともせずに大盛況である。
そんな人気レストランの店舗でも、首都圏にもっとも近い「御殿場店」は、入店不可能レベルの「7~8時間待ち」となっている。

その名も『炭火焼き さわやか』だ。
「げんこつハンバーグ」が、店名の代名詞ともなっている。
選べるソースは3種類。
オニオン、デミグラス、オニオンとデミグラス。

常連によると、オニオン一択。
店員さんが半分に切ってくれるので、もう一方は「塩コショウ」でいただく、というのが「通」らしい。
なお、ライスではなく、ライ麦パンがお薦めだと熱く語ってくれる。

開店は11時だけれど、店頭だけでの予約受付は10時から。
「昼」の予約もできるのだけど、「どうせ待つ」から、夕食の予約をするらしい。
予約票には二次元バーコードがあって、スマホと連携して入店時間のリアルタイム案内をしてくれる。

よって、予約さえしてしまえば、あとは「観光」に集中できるのだ。

それにしても、「県内限定」という設定が気になる。
ハンバーグなどの肉を、質と量で安定供給するには、「県内限定しかない」と決めたそうである。
でも、静岡県は、やたら「東西に長い」のだ。

御殿場店が東の果てなら、浜松店だってある。

東名高速道路だって、じつはほとんが静岡県内を走行することになる。
だったら、ちょっとぐらい「はみ出して」もいいのではないか?
と、ふだん神奈川県民を意識しない横浜市民が文句を言いたくなる。
たとえば、大井松田インター側、とか。

こないだ全線開通した、中部横断自動車道だって、山梨県の中央市まであっという間だ。

北関東を中心に展開しているレストラン・チェーンで、神奈川県に進出しているところはない。
なんだか、北関東のひとは「南関東」という言い方をするけれど、神奈川県に住んでいると「南関東ってどこ?」なのである。

いわゆる、群馬県、栃木県、茨城県を「北関東3県」というけれど、埼玉県も一緒にイメージするのが神奈川県民で、東京から「北」のことをいう。
問題は、千葉県で、こちらはただ「千葉」なのだ。
東京湾の対岸、というイメージになる。

東名高速道路の厚木ジャンクションから、圏央道がつながって、相模川の西岸の神奈川県民には、埼玉県が近くなった。
しかしながら、相模川の東岸には、その相模川を渡る橋が少ないのだ。
平日の朝の通勤時間帯、相模川をすぐに渡る方法は有料で、海老名インターから圏央道で厚木南や伊勢原で降りるとよい。

現代に「渡河料金」があるのだ。

川で分断されているのが、神奈川県である。
ただし、「神奈川」という川は(いまは)ない。
千葉県は本州から川で分断されているという説があったけど、流山のあたりで本州と陸続きになっている。

そんなわけで、『さわやか』に入店すること自体が、えらく特別なのである。
仕方がないから、食事後に帰宅することがままならないので、周辺に宿をとることになる。

このあたりが、「日本的」なのである。
「寝るだけ」のビジネス・ホテルという規格が成立するのは、よほどの田舎でないかぎり、周辺に食堂やレストラン、あるいは居酒屋が点在するのが「ふつう」だからだ。

「コロナ禍の旅行」ということをやってすっかり気づいたのは、その町のこれはというお店でテイクアウトした料理を、「部屋飲み」という方法で、一遍に何店舗もの「味」を楽しめる、ということだった。
これはこれで、「贅沢」なのだ。

料理付きの「旅館」に泊まらないのは、得体の知れないというほどではないけれど、専門店には及ばない中途半端な「会席料理」を食べたくないからである。
しかし、「専門店」とはいえ、全部のメニューが「優秀」なのではない。

だから、「つまみ食い的」なテイクアウトで何店かを回ると、低予算の割にすごいことになるのである。
ちなみに、各種調味料は持ち歩いている。
醤油は、御殿場の二段仕込み。わさびは三島の田丸屋とか。

この分野から離れるのが、『さわやか』である。
あるいは、汁物や麺類もやっぱり店内で味わうのがよい。
そうなると、現地に「泊まる必要」が生まれるのである。

この需要を、宿泊施設側がどう見ているのか?

かつては、自社敷地内から外にださない「囲い込み」で収益を確保したビジネス・モデルが通用していた。
しかし、周辺飲食店の進化もあって、選択肢が広がり、却って「囲い込み」が非効率どころか不効率となったのである。

そこで問題になるのが、部屋のレイアウトと設備だ。
どうやって、部屋飲みが快適になるのか?
テーブルとイスは?コップは?氷は?冷蔵庫は?ゴミ箱は?
それが、「選ばれる宿」の条件になってきている。

この条件が満たされた宿は、めったにないから印象に残る。
それで、必ずリピートするのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください