農産物輸出と駐車場

まったくちがう分野の話題にみえるのだが,昨日2月4日の新聞で注目の「共通記事」だ.

結論をさきにいえば,どちらも「政府の失敗」である.
丁寧にいえば,典型的なソ連型計画経済の失敗という意味だ.
民間の自由をうばって,政府が経済に命令するとこうなる,という旧東欧社会主義圏の住人なら,21世紀の日本でこんな政策がまだおこなわれていて,それを新聞が批判しないことに,唖然とするか,ノスタルジーすら感じるひともいるのではなかろうか.

日本政府のダブルスタンダードここにあり

「生産性向上」のために「働きかた改革」を打ち出してみたりと,なにかやっている振りをしているが,そもそもおおきなお世話である.
その一方で,あらゆる分野に命令し,ことごとく失敗しているのは政府である.
お願いだから,政府は邪魔な「経済政策」というお節介を,一日もはやくやめてほしい.
たったそれだけ,政府が退場すれば,この国の経済はよくなるだろう.

記事によると,農産物輸出が不調の理由は,「HACCP」という世界共通規格が日本で普及していない,という.
また,「グローバルGAP」という農産物の国際認証が,日本ではほとんど普及していないのが問題だとしている.
しかしこれは,農業鎖国政策の結果でしかない.それを,こんどは,企業や農家のせいにする.

東京オリンピック選手村での食事提供は大丈夫なのか?

数年前から指摘されている問題である.
上述の「輸出の不調」は,「選手村」という江戸時代の長崎の出島のような「想定の国外」でも発生する可能性と同意である.
つまり,各国選手には,グローバルな規格や認証を経たものしか口に入れたくない,というニーズがある.

「より速く,より高く,より強く」を,ドーピングなしで実現するための「食事」は,おそろしくナイーブな問題だ.
これを,「いなかのおばあちゃんがつくる野菜はおいしい」というレベルと一緒にするのは,「倒錯」といわれても仕方がない.日本は「メルヘン国家」になった.
それで,まずいと気がついた役人が責任転嫁しようというのがこの記事に透けてみえる.

おそらく,各国しかも「有力国」の「有力競技団体」との打ち合わせで,世界標準を要求されてしまっているのではないか?当然だが.
あと二年程度ではできないから,選手村での提供食材はほとんどが輸入食材になる可能性がある.

選手たちが楽しそうに,お好み焼きやラーメンなど,日本での食事をしている場面がテレビにでるだろうが,それは競技終了後の緊張が解けたアトラクションにすぎないはずだ.
テレビは,あたかも毎日,各国選手たちが「日本食」を楽しんでいるかのような印象操作をするのではないか?とひそかに期待している.

駐車場規制と人口減少

都心の駐車場が余っているから,駐車場規制をゆるめる,という内容の報道である.なぜ余っているかというと,公共交通機関が発達していることと,人口減少が原因だという.それで,稼働が二割しかない駐車場がでてきた.

駐車場という「箱物」を,ビルの地下なりにつくらせておいて,都心部は公共交通機関があるし,人口減少だからと「緩和」したところで,既存のビルオーナーはどうしろというのだろう?

「法」で規制すれば一律になる.
どのくらいのビルが新築されるか?を都内二十三区内ですら予想などできない.
だから、この規制は最初から適当なのだ.

そもそも,ビルの駐車場は誰のための施設かといえば,業務用と客用がほとんどだろう.
すると,ビルの設計において,規制が基準なのではなく,いかなる収益をもたらすかが基準になるのは当然だ.

これを,むりやり「規制」という基準にさせるから,民間は仕方なく規制にしたがう.それで,駐車場利用者がいないと「想定外」などという無責任用語を駆使して,緩和してあげる,という.
まるまる損をかぶるのは民間である.わざわざいうまでもないが,生産性が低い理由だ.
緩和でなく,最初から規制というお節介をしなくてよい.
収益の主体は民間だから,自分の事業にあわせた駐車場台数にして,損も得も民間に任せれば,すむことだ.

農業をやったことがない役人が,農業経営にお節介して農業鎖国をしてきたら,いつのまにかそら「輸出」だということに対応できない.
政府が経済活動に介入し命令すると,ろくなことがない.
伸びるべき生産性まで低下させる.そんなことを何十年もやってきて,まだ政府は自分が万能だという夢から覚めもせず,生産性をあげろ,と命令する.

霞ヶ関のファンタジーに翻弄される民間こそ迷惑千万.
これを経済団体が「支持する」という「倒錯」こそ,この三十年の閉塞感の正体である.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください