畏敬の対象を喪失すると堕落する

地震雷火事親父,これは恐いものの総称だった.
さいごの,「親父」がいつから怖くなくなったのか?いまでは,すっかり「ファミリー・パパ」である.
天災と親父が同列にあつかわれることのすごさは,親父側もたいへんだったろうと推測できる.
1968年に放送された,「親父太鼓」というテレビ・ドラマは,進藤英太郎演じる親父が,最後の抵抗をコミカルにみせてくれた.

家長制につながる,という批判はおいて,尊敬できる人物の存在,というのはたいへん重要なものだ.
「家庭」という,もっとも身近な空間における,尊敬,があるというのは,望ましいことではないか.ただし,それが権威主義にならない,ほんとうの「尊敬」であれば,である.

社内に尊敬できる先輩がいるか?

子どもは学校という集団において,社会化の訓練もうけている.
犬でさえ,生後すぐに母犬から引き離されると,社会化の教育をうけないから,一生にわたってむづかしい犬になる可能性が指摘されている.

おおくの国の教育制度が,小中高校と,それぞれ成長の年齢にあわせて学校をかわるようにできているのは,環境適応ということがあるはずである.
それでも,子どもにとって学校での一年はながいから,一学年の差でも,おおきな違いがある.
この時期,すさまじいスピードで「成長」しているからだろう.

三年間しかない,とかんがえるか,三年もある,とかんがえるかで,悩みの深刻度もかわるだろうに,たいがいは三年間もある,になってしまう.
尊敬できる友人・先輩や教師に出会えるか?は,そのひとの人生に影響をあたえる.損得ではない交遊というのは,ひとに豊かさを提供してくれるものだ.

就職というイベントをつうじて,一生お世話になる可能性がある会社という集団にはいって,職業人としてのスタートを切る.
このひとの職業人生を豊かにするかのひとつの決め手は,尊敬できる先輩の存在である.

こうしてみると,いい学校やいい会社というのは,尊敬できる可能性のあるひとの密度が高い集団を指すのではないかとおもう.

ABC分析における犠牲商品

飲食業界ではおなじみのABC分析だが,よくある失敗は,「売れていない」Cランクの商品を全部撤廃してしまうことで発生する.このCランク商品のなかに,Aランク商品へお客を誘導するための「犠牲商品」というものがもぐりこんでいる可能性があるからだ.

「犠牲商品」は,それ自体が売れるものではない.しかし,売れ筋商品へと誘導するための「みせもの」だから,「売れない」といって廃盤にすると,売れていた商品も売れなくなってしまうことがあるのだ.それで,「犠牲」という.

では,どうやって「犠牲商品」をみつけだすのか?というと,お客がなにをもってAランクのとある商品を選んだのか?を観察することになる.メニューをみながら,なにと比較したか?だ.
同系統のメニューの中にあるかもしれないし,別系統のメニューの中にあるかもしれない.
たとえば,麺類とご飯類とかである.

メニュー改訂をするとき,ABC分析の結果から仮説をたてて,ふだんから注意していないと,わからないものだ.

尊敬できる「犠牲商品」

このことの高度の応用は,「犠牲商品」をつくる,という作戦だ.
買って欲しい商品に誘導するための商品をつくる.

ポイントカードを発行して,そのポイント交換のパンフレットをつくるとき,データをみながら交換できる商品を選定することは当然として,いったい上限のポイント数をどうするか?という問題がある.
まじめな担当者は,最高ポイントを持っている人のポイント数を上限にしてしまう.
そうではなく,もっと上のポイント数にすれば,じっさいに交換できるひとはいなくても,パンフレットをみたひとが,こんなに購入実績があるひとがいるものかと感心してくれる.

人間は不思議な動物で,畏敬の対象があると気づくと敬虔な気持になるのだ.
音楽でも,素晴らしい「レクイエム」を聴けば涙し,「行進曲」なら歩き出す,とベートーベンが言ったとか.

尊敬できる人物が身近にいないひとは不幸である.
それは,犠牲商品の存在に気づかないで,いつもコントロールされる側にいるようなものだからだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください